HOME > 教育・取り組み > 技能教育活動

近年、国内の鋳物業者が経営難や後継者等の問題で次々廃業していく中、弊社では次の世代に向けて技術の継承と品質の向上、そして社会人としての育成を目指し、様々な教育活動を実施しております。

鋳物の技術継承、品質向上を目的とした教育の技能教育活動、また、企業として、社会人としての向上を目的とした教育の活性化研修。この2つの活動を軸として、よりお客様に最高の鋳物をお届けするべく努力しております。


技能教育の最大の目的は、勇退する先輩の花道と、顧客の安心を築きあげる事。つまりは先達が培った、高い鋳物技術を若い作業者に伝え、世代交代による品質のバラツキを無くす事。しいてはより品質の高い、安定した鋳物をお客様にお届けする事が出来ます。

その1つとして、弊社では積極的に鋳物技能検定に参加し、技能検定受験者の合格率80%以上!を目標に掲げ、基礎的な鋳造技術習得に日々努力しております。

事務所に掲載されている表彰状です。
鋳造技能検定の掲載記事(日刊工業新聞より)

(写真をクリックすると拡大します)

設備紹介へ HOMEへ 活性化研修へ